岡山市内マンション H様邸

築28年マンション 洗面・バス・内装工事
工事期間:約2週間
予算:約200万円
施工年月:2017年10月

●ユニットバス・洗面化粧台 取替え
●内装ドア・収納ドア取付
●カーペット・畳張替え

1216と少々狭さが感じられるユニットバスを洗面脱衣室側へ200mm拡張し、1416にサイズアップ。洗面脱衣室は元々広めだったため、洗濯や洗面への動作にも影響なくスペースを確保できました。
ユニットバス 【TOTO / マンションリモデルバスルーム】
お客様のご要望で、1216から1416にサイズアップしました。
また、浴槽への自動湯はりを希望されておられましたが、床下への新規配管はコスト的にかなりの費用を要するため、今回は定量止水付バス水栓をご提案。設定により無駄のない湯量を確保できるので、頻繁に湯量を気にする事なく安心して希望の湯量をキープできます。
洗面化粧台 【タカラスタンダード / オンディーヌ】
お客様がこだわられたダークグレイの扉。
もっと引き立たせるようにと壁も床もホワイトで統一しました。
収納はスライドタイプで取り出しも簡単になりました。
さらに化粧小物はスライドポケットにて収納ができ便利です。
また、洗面台でのメイクは、鏡が遠く姿勢も窮屈で不便なところがありますが、このオンディーヌならミラーを手前に引き出せ、ラクな姿勢でメイクができます。居間でのメイク後の手洗いで不便を感じている方も、いつでも手元でラクに洗えることができます。
洗面脱衣室
少々暗さが感じられる木目の壁面。水まわりにもあまり適さない木質の合板。
そこで今回は、明るくホワイト一色で水まわりに適している化粧パネルを壁全体に張りました。
また、環境にも配慮して、もともとの合板の解体は行わず化粧パネルを上張りをしました。
クローゼット ~アコーディオンから引き戸へ取替え
アコーディンから引き戸に取替えをしました。
一般的には折れ戸を採用するケースが多いと思われますが、開閉時が硬くなる等将来の不具合を想定して今回は引き戸を採用いたしました。オープン間口は少々狭くなりますが、取り出しには影響なくご使用いただけます。
洗面脱衣室 ~開きドアから片引きドアへ取替え
出入りがラクにできる片引きドアに取替えました。
明かり窓もスリット状を採用してオシャレに演出してみました。
お客様の声

[詳しく読む]をクリックしてください

工事担当者からの一言

この度は弊社に発注していただき、誠にありがとうございました。また、マンション居住者様には、工事中での騒音等ご理解・ご協力をいただき誠にありがとうございました。
少々暗さを感じ、板張りの洗面脱衣室は、内見当初から気なる部分であり改善したいと思っておりました。現状から見るとクロス仕上げではなく化粧パネルが最適だと考えお客様へご提案をさせていただきました。ホワイト単色で統一した壁面は、以前より明るく清潔感のある空間に生まれ変わることができました。
ユニットバス・洗面化粧台とアクセントとしてブラウン・グレイ系の色を採用、ホワイトとのコントラストもさほど効きすぎることなく、清涼感が感じられると思います。ユニットバスも200mmサイズアップしたことで、快適な入浴タイムに癒されることと思います。
今回のご縁を機に今後も引き続き安心できる住まいづくりのサポートをさせていただきたいと思っております。末永いお付き合いを宜しくお願い申し上げます。


お問合わせ
このページのトップへ